親父86歳が5ヶ月入所していた介護施設で嘔吐を発生直ぐに。病院ではないので…という答えになります。②誤嚥性肺炎(重症)の治療について 親父86歳が、5ヶ月入所していた、介護施設で嘔吐を発生直ぐに総合病院に緊急搬送入院後7日目になりますが、現在までの治療内容として抗生物質、痰を除去するカーテルで吸引その際に、血が出るので血止めの弛緩剤、酸素は、1日10L→5L変動もあります 熱が38度以上の場合は、解熱剤、栄養剤投与なのです 更に今後の事で医師から説明をうけました 口から薬を内服するのは、無理だから鼻からチューブで胃に薬を投与で様子見をしたいと あきらめないでくださいとも言われました 介護施設に5ヶ月入所する前は、病院に、二週間入院 治療内容は脳梗塞、その際、肺に炎症が少し有ると、治療は完治しました 介護施設に入所後誤嚥性肺炎の病気になった 介護施設はそのような入所者の病気の再発の防止する管理、義務は無いのでしょか 以上の内容の事で詳しい方助けて下さい 宜しくお願いいたします 親父86歳が5ヶ月入所していた介護施設で嘔吐を発生直ぐに総合病院に緊急搬送入院後7日目になりますが現在までの治療内容として抗生物質痰を除去するカーテルで吸引その際に血が出るので血止めの弛緩剤酸素は1日10L→5L変動もありますの画像をすべて見る。

病院ではないので…という答えになります。年齢や持病、既往歴などから注意はしますが、何が原因でそうなるか、医療施設ではないため難しいのです。食べ物の形状に配慮する…むせないように注意する…体調に変化や異変があれば、直ぐに対応する…出来ることはそれくらいです。誤嚥の防止はどこの施設でも行なっているはずです。しかし、それでも起きてしまうものなのです。今はお父様の容態がすこしでも良くなるように祈るしかありません。誤嚥性肺炎とは口から飲食物を取得すれば本来は食道に入るのですが?それが間違えて気道に入ってしまう事が原因で菌が肺に到達してしまい肺炎になります、年寄りに多いのです、特にお餅等を食べた時に多くなるらしいですね?当然水でもそうなります。

  • 彦根市立稲枝中学校 学年変わりクラス替えあったあ男子すぐ
  • ご利益倍増 ネットで属性別相性の良い神社か神社の個別名で
  • vocab 水槽の縁立っていたころサメ攫われ水中で上半身
  • 好きなポテトチップスの味は ポテトチップス好きな味か
  • YouTube YouTubeで見た漫画広告でアプリ覚え
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です