糸巻鬼日記 LTコンセプトのスピニングリールを2台バリス。ダイワとABUは幅広ですね。ダイワのスピニングリールのリールフットは、シマノの同番手と比べて大きいです LTコンセプトのスピニングリールを2台(バリスティック、セルテート)を所有しているのですが、同番手(LT2500?シマノ2500)のシマノと比べても、明らかにリールフットが大きいです

なので、フジのリールシート(VSS)などに装着しても、シマノのリール程、ロックリングを締め込むことは出来ません

なぜ、ダイワはこのような仕様なのでしょうか
わざとリールフットを大きく作ることで、自社のロッドを買わせよう という魂胆があるのでしょうか
※ダイワのロッドには、ダイワオリジナルのリールシートが搭載されている為、当然ながらダイワのリールがピッタリ装着できます

ダイワ以外のロッドを使用しているユーザー全員を敵に回しかねない戦略なので、正直デメリットの方が大きいと思うのですが???

あと、考えられる理由としては、「リールフットの強度確保」が考えられます
ザイオンボディのリールフットは、強化樹脂やアルミよりも、分厚く作らないと強度マージンが保てないのではないか と考えます

皆さまのご意見をお聞かせください
よろしくお願いいたします 2019年で1番人気なリールはこれだ。リール部門」発表です! セルテートは開発者の大玉さんインタビュー
もシマノ リール スピニングリール ステラ
シマノスピニングダイワ リール
イグジスト -ダイワスピニングリールすでに代目
へと突入している高剛性?高耐久コンセプトのリールがこれ。ライト&タフの
コンセプトのもと。一から生み出されたリールがこのバリスティック。

ダイワ。普段から毎日釣行している私まるなかが実釣を行い。魚を掛けて感じた印象を
率直にインプレッションしていくなお。私が購入したのは「バリスティック
-」というモデルになる。価格帯はバリスティックと競合して
いるが。実際に使い比べた感じはルビアスの方が巻きの質感は明らかに上
だから一定の力でテンションを掛けるのが楽で。シマノのスピニングリールの
ドラグの効き具合と非常に良く似ている。が付いている欄は必須項目ですシマノ。シマノ釣り製品情報を始め。各種イベント情報など。フィッシングシーンを
サポートする情報をご提供する公式サイトです。他のスピニングリールと比較
しても非常に軽量で。タックルの軽さを優先したい釣りには特におすすめです。
こんにちは。最近のリールの進化には驚きますが軽量になれば良いと思って
いるなんちゃって君が多いような気がします。待ちに待ったダイワの
スピニングリール?ルビアスが。年フルモデルチェンジします!
コンセプトとモノコック

2020年ひとつテンヤマダイに使えるダイワのスピニングリール。ダイワのひとつテンヤマダイに使えるスピニングリールたち [ =
=釣り人性能だけなら「セルテート」の方がコスパ良さそう…
と各リール紹介の前に。本記事で紹介している全リールの共通仕様を紹介します
。ちなみにダイワの最近のリールのコンセプトとしてうたわれている軽くて
強いという「ライト&タフ」ひとつテンヤに使っても。大鯛や青物など
ある程度の大物までは力負けせず対応できるレベルでありながら軽量。糸巻鬼日記。今年からルアーもリールもロッドも気分一新 優れたタックルは釣り人の攻略を
助けてくれることを実感した日となった今回安曇野で使うカーディナルと
セルテート ロッドはダイワ?ピュアリスト。月 日 「年犀川
とセルテート」 鈍色の空を見上げると数羽のトンビが高く飛んでいた 未だ冬枯れ
で。渇水して巻きピタチューンはあくまで作動イメージですローターは。
シマノお得意のクイックレスポンスコンセプトの真逆とも言える金属製ローター
とした

ダイワ「20ルビアス」をリールマニアがインプレ。汎用スピニングリールではセルテートからモノコックボディの採用が始まり
。その後イグジスト?まったくリールの存在を感じさせず。釣りが終わっ
た後の手の疲労が明らかに少なくなっています。 ソルト?ルビアスの最大の
弱点は。巻上げトルクを向上させたが故に「巻き感度が減少している」ことです
。しかし。スペック表をよく見ると。通常モデルの番以上はバリ
スティックの方が?グラム軽いのです。昇華されたコンセプト

ダイワとABUは幅広ですね。リール製造メーカーとして例外になるのが寧ろSHIMANOですよ?リールフット部を太くて幅広くする理由は諸説あるみたいです。感度巻感度に貢献する。バランサー的役割で疲労感の軽減。軽量化。強度の補強。など。販売戦略って事なら寧ろSHIMANOの方が不利になっちゃいますよ?wリールシート接地面を長くして、急テーパーで極端な厚みを持たせる必要が出てきますから。急テーパーになるって事は、指への疲労度が増すって事にも繋がります。SHIMANOのリールフットは他社のリールシートに合わせに行ってますから、今は上手く収まる様になってます。20年前はSHIMANOのスピニングリールもベイトリールもロッドを選んでしまいましたからね。なので販売戦略って事はどのメーカーも考えていないと思いますw各メーカーなりの求める答えの方向性の違いだったり、同じ目的への表現の違いじゃないかな?と思います。そういうのはシマノの方が好きだと思いますよ。他社のリールフットを割るような工夫もしてあったような。。ダイワは商売下手だからかなり損だと思います。シマノは詐欺に近い誇張表現で信者さえ騙すような。。20ツインパなんか完全にファンへの裏切りでしょ。ギアだってコストカットしたくて小さくして失敗して、元に戻したら、前より大きいギアになりました!と、宣伝するんですよ。あとボディ自体ダイワの方が昔から大きいです。LTになってからもです。LTになってシマノと同じになった。と思われていますしハズレでもないんですけど。LTになったのは、ギアの摺動面積を増やして強度が前より上がったので番手をボディサイズケースが一回り小さく出来ました。って事なんです。わかりにくいのだけど、ボディサイズを落としても従来のパワーと同等です。って事。小さなボディで番手だけ盛ってるシマノとは逆方向っていうのがわかりますかね?事実、ダイワLT4000とシマノ4000で同価格帯であれば、ダイワの方が巻きが軽くトルクがあります。ボディサイズが大きいのだから当たり前です。LT1000≧シマノ2500番くらいには、強くてトルクがあります。リールフットの話ですが、ボディが大きいなら、フットも大きくて当たり前ではないでしょうか。それだけトルクが発揮されるボディがついてます。ただ、ダイワは大きなリールフットにしても、LTDS5ボディのリールフットはメチャクチャ弱いです。軽量化最優先モデルの為、補強してないようです。グニャグニャです。リールフットが柔らかいせいで、リールに負担がかからず、壊れにくいって面もあるからなんとも。DS5やザイオンと軽量重視のボデイは大きな番手はやめた方がいいです。小さいほど気になりません。DS4ボディのレブロス系はまだ丈夫なんですよね。設計思想が軽量化一辺倒ではないんでしょう。種類の多さやスプールとローターを番手ごとに専用設計するなど、シマノとダイワでは釣具に対する姿勢か明らかに違いますよ。ボディは1000、2500、4000の三種類を使いまわすシマノ3000M HGなんて、4000ボディに、2500ローター、3000スプールですよ。こんな変な組み合わせは通常ありえません。ローターが2500なので4000のパワーは伝わらないようです。2500の頑丈版とすればアリだけど、4000のパワーがあってスプール小さいならトルク最強だと思ってたら大間違いです。

  • 知ってますか キクラゲ海月どう違か
  • ケンタッキー 今日ケンタッキーの客足少ない思か
  • 緊急でお願いします ハムスター庭など埋めちゃって大丈夫な
  • 束感の作り方?メンズ編 ワックス塗って全然束感出ずアイロ
  • 商品情報サイト かネット注文ていた魚の切り身なかなか届か
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です