ご存知ですか 憲法改正の国民投票はできないのですか。>憲法改正の国民投票はできないのですか。憲法改正の国民投票はできないのですか 総務省。この法律は。日本国憲法第条に定める日本国憲法の改正について。国民の承認
に係る投票国民投票に関する手続を定めるとともに。あわせて憲法改正の
発議に係る手続の整備を行う内容となっています。ご存知ですか。日本国憲法第条に定める日本国憲法の改正に関する手続を内容とする「日本国
憲法の改正手続に関する法律憲法改正国民投票法」が。平成に
成立し。平成に公布されました。 この施行は平成中学公民「憲法改正と国民投票法」。憲法改正には。国会での審議と国民投票の二段構えの手続きが必要です。 簡単に
は改正できないようになっているということです。 年に日本国憲法が施行
されてから。一度も

教えて。教えて!憲法 国民投票。1 憲法改正で。最終的な決定権をもつのは私たち国民
です。国会がまとめた改正案に賛成?反対の意思を国民投票でしめします。投票
を通じ。民意をきちんと反映できるかどうか。いま。国会…憲法改正の是非を問う「国民投票」通常の選挙とはルールが全く。憲法改正の国民投票で投票権を持つのは。満歳以上の日本国民です。年の
月日に有権者年齢が満歳今までの常識で。「こんなことはできないだ
ろう」と決めつけてしまわずに。様々な活動の可能性を把握して国民の意思を正確に反映しない。憲法改正になぜ国民投票が必要なのでしょうか 法律は原則的に国会の議決でつく
られます。しかし憲法は国会。内閣。裁判所という国家権力を縛るものなので。
主権者である国民自身がつくるものです。憲法制定権者は国民

「国民投票法」って何だろう。憲法改正案の内容や賛成?反対の意見。そのほか参考となる情報を掲載した国民
投票公報の原稿作成。投票記載所に掲示する憲法改正案要旨の作成。憲法総務
省「ご存じですか?

>憲法改正の国民投票はできないのですか?制度としてはできますが、そのためには改憲案が発議されなければならず、更にそのためには国会に改憲案が提出されなければなりません。ところが今の日本の改憲派は、改憲案を集約しようとしませんから、国会での審議すらできない。つまり、国民投票の2段階前で一歩も前に進んでいません。おかしなことに日本の改憲派は憲法の改正手続きを理解していないようで、改憲案を提示することなく、改憲に賛成なんて言ってます。何だか彼らの主張を聞いていると、日本ではまず改憲をするかしないかを決めてから、その条文を考えるといったプロセスを取るつもりに見えてきます。でも、日本の改憲は改憲案の条文が先にあって、初めて発議ができるし、賛否も問えるのですが。ですから、改憲をしたいなら、国民に対して、これこれこういう目的で、このような効果を期待して、このような条文で改憲する、と論理的に説明できなければならないのです。そして、そういう改憲派からの説明がない限り、改憲なんてやってはいけない、それが憲法というものです。今の憲法よりも良い条文が示されないなら、改憲に賛成のしようがないなんて理の当然じゃありませんか。でも、改憲派の言っていることはバラバラで、みんな自分の思い通りの改憲がなされて、自分の思い通りの未来がやってくる、みたいな幻想を振りまいているだけ。今の日本国憲法はイヤだイヤだと駄々をこねているだけでは、いつまでたっても改憲のプロセスを前に進めることができないということに、日本の改憲派は気が付いていないから、いつまでたっても国民投票には至らないのです。要は、改憲派の能力不足が根本原因です。*****そもそも安倍前首相だって、改憲派の中で案を積極的に統一しようとしないので、実は改憲なんてさほどヤル気がなかったのでしょう。安倍前首相は、自分を日本の未来を考えて改憲しようとしている政治家であるかのようにプロデュースして、「アンチ日本国憲法」を集めたまではよかったのですが、ではどういう改憲案にするのかとなったら、みんな考えていることがバラバラ。そして、日本国憲法の改憲には、まず改憲案を一つにまとめなければならないのに、それを確定させてしまったら、「それは自分が考えている改憲ではない」という改憲派が大勢現れて、改憲派が空中分解してしまい、下手をすると自民党すら割れて権力を失う可能性があることがわかった。だから、自衛隊明記のようなどうでもいい改憲案しか口にせず、しかもそれを確定させるわけでもなく、曖昧な状態にしておいて、支持率を維持するとともに、「そんなデタラメあるか」と真っ当な批判をしている野党を、あたかも日本を丸腰状態に置いておきたい勢力であるかのように言いふらして攻撃する材料にしていた。結局、安倍政権にとっての改憲とは、自分達の権力維持のための道具に過ぎなかったってことだと思います。そして今後も自民党政権は同じように改憲を自党の権力維持に利用するのだと思います。今の改憲派の中で、自民党に騙されていることに気が付く者が増えてこない限り。国会議員は自分達に都合のいいように法律を作りたいので、国民投票はやらないのです。できないですか?ではなく、国民投票を求められます。憲法改正には、全国会議員の3分の2の賛成と選挙権のある国民の2分の1の賛成が必要です。出来ますけど、投票の結果によって憲法が改正される事はありません。国民投票によって得られた集計データは「改憲を望む国民が多いか少ないか」を見る為の1つのデータとしてしか扱われません。国民投票によって憲法を改正できるようにする為には、国民投票での改憲を可能にする憲法改正の議案を通常の国会に提出して審議を通過させてからでなければならないです。※まあ、今の日本で国民の意思で憲法の改正が出来るようにする国民投票制度なんてものが国会審議で認められる筈はありませんけどね。出来ますが、国民投票がそれほど信頼に至る事なのかが問題です。民主主義の本当の正しい手法はまだ確立されてない。

  • Learn 今度氏の方女の人の息使いかなり至近距離で聞こ
  • CPUソケット IntelのソケットLGA1151などで
  • 新着記事一覧 来週tsutayaのバイトの面接あるの面接
  • ビックカメラ インターネット店舗メーカー等
  • 2063年 タイムスリップって有り得
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です